ウォーターサーバーのおすすめはどれ?という方へ

ウォーターサーバーって結局どれがいいの?おすすめはどれ?という方へ

水

最近話題のウォーターサーバーですが、ウォーターサーバーって便利なの?とか、うちでもウォーターサーバーを始めようと思っているんだけど、おすすめはどれなの?という方も多いでしょう。

 

ウォーターサーバーは、重たい水のボトルを配達してくれて、レンタルしたサーバー本体にセットして、いつでも冷たい水と温かいお湯が用意できるというところはすべて共通です。

 

一見すると、どこがどう違うのかわからないものですが、各社さまざまに工夫をしていて、じっくりと比較してみると違いが分かってきます。

 

でも、これからウォーターサーバーを始めてみようかと思っている人には、じっくり比較してみるといっても比較するポイントすらわからないでしょう。

 

そこで、某ウォーターサーバー会社で営業部長をやっていた僕が、これからウォーターサーバーを始めてみようという方に、ウォーターサーバーの選び方や、ウォーターサーバーの基礎知識などをわかりやすくレクチャーしていこうと思います。

 

参考にしていただければうれしいです。

 

なぜウォーターサーバーを始めたいのかを明確にしましょう

ウォーターサーバー各社のセールスポイントをまずは確認してみましょう。

 

そのセールスポイントとあなたがウォーターサーバーに求めるものがマッチしているかを確認することがウォーターサーバー選びの基本です。

 

つまり、そのウォーターサーバーの特徴とあなたがウォーターサーバーに求めるニーズがマッチしていれば、それがあなたにとってのおすすめのウォーターサーバーなのです。

 

ですから、まずは、あなたがウォーターサーバーになぜ興味を持ったのか、どんな目的があってウォーターサーバーを検討するに至ったのかを明確にしておくことが大切です。

 

でも、ウォーターサーバー各社の特徴を一つ一つ確認していくのはなかなか手間も時間もかかります。

 

そこで参考にしていただきたいのが最近、人気のウォーターサーバーはどれなのかということと、なぜそのウォーターサーバーが人気なのかということです。

 

大切なのは、現在人気の売れ筋商品がどのような理由で人気なのかという、今現在人気である理由をしっかりと確認して、その理由に共感できるのかどうかというところです。

 

確認しておきたいポイントは?

ウォーターサーバー各社の特徴やサービスの違いは、大きく分けると下記の通りです。

 

  • 水の種類(天然水かRO水か)
  • 料金体系
  • ウォーターサーバーのデザインと機能

 

最低限確認しておきたいポイントは3つだけなのです。

 

この3つのポイントを確認して、候補となるウォーターサーバーを絞り込んでいくことから始めてみましょう。

 

水の種類は2種類

水

まず、水の種類ですが、天然水とRO水の2種類があります。

 

天然水は地下からくみ上げて、殺菌・ろ過をした後ボトル詰めされたもので、天然ミネラルがそのまま溶け込んでいるため、採水地によって微妙に味も異なります。

 

RO水は水道水や天然水をROろ過した後、ボトルに詰めたもので、いわば純水ともいえるものです。

 

ROろ過によって細菌やウィルスなどの不純物はもちろん、ミネラル成分も取り除かれてしまいますので、味の個性はなくなってしまいます。

 

そのため、ボトル詰めする前にミネラルを添加したものもあります。

 

RO水は、原料となる水の品質が食品衛生法に適合していればどんなものでもいいため、大量生産できるので価格を安くすることができます。

 

天然水はお水のおいしさと天然ミネラルを豊富に含んでいるというメリットがありますが、採水量も限られるため、RO水よりも5割〜6割ほど割高になります。

 

このように2つの水の違いと特徴を理解したうえで、お値段が安いものがいいのか、おいしさと天然ミネラルを含んだ水がいいのかで選びましょう。

 

料金体系

次に料金体系ですが、ウォーターサーバーの料金は水の価格にサーバー本体のレンタル料とサーバーのメンテナンス料の合計になります。

 

最近は、お水の料金のみで、サーバーレンタル料とメンテナンス料は無料とするところが増えています。

 

サーバーに関する料金を無料としているケースでも水の料金に含まれているというのが実態で、天然水の場合はサーバーレンタル料とメンテナンス料を無料、RO水は有料というケースがほとんどです。

 

目安としては、RO水で1リットル当たり90円前後、天然水で150円程度となります。

 

その他、確認しておきたいのが解約時の条件です。

 

通常、使用開始から1年未満のお客様都合での解約では、5,400円〜16,200円(税込)程度の解約手数料が発生するところがほとんどです。

 

一部に2年未満で解約手数料が発生するところもありますから、必ず確認しておき、中途解約することの

 

デザインについて

ウォーターサーバーデザイン

そして、デザインですが、これは各社様々ですので、写真で確認されるのが一番です。

 

床置き型と卓上型を用意しているところが多く、設置場所のスペースや雰囲気にマッチしたものを選びましょう。

 

最近人気のものは水のボトルが隠れるもので、一見するとウォーターサーバーとわからないくらいスタイリッシュなデザインのものも用意されています。

 

写真のようにこれくらいおしゃれなものだとインテリアとしても楽しめますね。

 

ウォーターサーバーについてまだ積極的に始めてみようと考えていない方の疑問の多くは、水なんて浄水器を通した水でいいんじゃないの?とか、ウォーターサーバーってそんなにいいものなの?ペットボトルのミネラルウォーターの方が安いんじゃないの?ということでしょう。

 

この疑問に答えるために整理すると、浄水器の水とウォーターサーバーの水の違いと、ペットボトルのミネラルウォーターとの違いということになります。

 

まず浄水器との違いですが、浄水器を通した水はあくまで水道水です。

 

水道水をろ過した水ですから、水道水が元の水ということになります。

 

浄水器を通過しているわけですから、有害物質などはほとんど取り除かれていますが、水道水であることに変わりはなく、水道水である以上、浄水場で人の手で加工された水ということになります。

 

ペットボトルのミネラルウォーターは、採水地でくみあげられた水を殺菌、ろ過した後、ボトルに詰められたものです。

 

こちらも人の手で加工されてはいますが、最低限とどめられています。

 

天然水ですからお水のおいしさが味わえるのが魅力ですが、ペットボトルの水も開封してしまうとその時点から鮮度が失われていきます。

 

空気に触れることで雑菌が繁殖する可能性もあります。

 

ウォーターサーバーはできる限り空気に触れないような構造を取っているため、地下からくみ上げたままのおいしさを味わえるというわけです。

 

これもペットボトルのミネラルウォーターとウォーターサーバーの水の大きな違いと言えます。

 

ウォーターサーバーのことをさらに詳しく知りたい方は下記のサイトも参考にしてみてください。

 

http://fpch.net